トップページへ


 

 学内環境アンケート(学生編)

 

調査の概要

 本調査は、視覚障害学生の就学上の諸問題を明らかにし、それを分析した上で、学内環境改善を大学側に求めるという、関西SLの活動趣旨の一環として実施されるものである。

 今年度の調査は、この学生編の他に大学当局宛の調査も実施する。大学編については、学生編の調査結果を分析した後に、設問内容等を検討する。学生編・大学編の調査が終了した段階で、調査報告を作成し、公開する。

 

 

問1.              あなたの属性について、次の各項目にお答えください。

(1)            大学名をお教えください。

(2)            通常使用する文字は何ですか?
(ア)点字  (イ)拡大文字  (ウ)墨字

 

問2.              次の項目を、あなたが学生生活を送る上で重視している順に番号を記入してください。なお、重視していないものには×を記入してください。
(ア)講義[  ]  (イ)研究活動[  ]  (ウ)資格取得[  ]
(エ)友人関係[  ]  (オ)趣味(サークル活動など)[  ]

 

問3.              教科書について

(1)            点字あるいは拡大文字による教科書はありますか?
(ア)全教科について大学が用意してくれている。
(イ)部分的に大学が用意してくれている。
(ウ)大学側では用意してくれない。
(エ)点字、拡大の教科書を要望していない。

(2)            教科書点訳などにかかる費用は、誰が負担していますか?
(ア)大学
(イ)自分自身
(ウ)大学と自分自身の両方
(エ)分からない
(オ)その他[具体的に ]

(3)            教科書点訳は、誰が行っていますか?



(4)            教科書点訳や拡大を依頼した場合、授業に間に合っていますか?
(ア)ほぼ確実に間に合っている。
(イ)ときどき間に合わないことがある。
(ウ)ほとんど間に合っていない。

 

 

問4.              設備について

(1)            次の中で、あなたの大学にあるものはどれですか? 知っているものをすべて選んでください。
(ア)点字ブロック  (イ)点字案内板(触知地図)
(ウ)視覚障害者用パソコン  (エ)点字プリンター
(オ)点字ディスプレイ  (カ)拡大読書機

(2)            次の中で、大学側から配慮されていると感じるものはどれですか? すべて選んでください。
(ア)点字ブロックの敷設が行き届いている。
(イ)点字案内板が分かりやすい。
(ウ)廊下の照明が見やすい。
(エ)階段の段差が見やすい。
(オ)階段の手すりがある。
(カ)ルームナンバーの点字表記がある。
(キ)ルームナンバーが見やすい。
(ク)エレベーターが音声対応している。
(ケ)エレベーターのボタンに点字シールが貼られている。
(コ)音声誘導装置がある。

 

 

問5.              講義について

(1)            現在、講義受講に際しては、どのような配慮がなされていますか? すべて選んでください。
(ア)座席指定  (イ)レジュメの点訳・拡大
(ウ)講義資料のデータによる提供
(エ)板書の読み上げ
(オ)字幕ビデオ教材などの解説
(カ)その他[具体的に ]


(2)            講義時の配慮について、あなたは大学や担当教官に要望しましたか?
(ア)大学・担当教官双方に要望した
(イ)大学側に要望した
(ウ)担当教官に要望した
(エ)配慮はして欲しいが、要望していない
(オ)配慮の必要を感じないので要望していない
(カ)もともと十分に配慮されているので要望していない

(3)            講義での配慮をどう思いますか?
(ア)全体的に見て行き届いている
(イ)教官によって異なる
(ウ)ほとんど配慮してもらえない
(エ)配慮を必要としていない

(4)            体育の授業について、とくに配慮はされていますか?
(ア)特別のクラスが用意されている
(イ)一般のクラスで受講しており、補助員がつく
(ウ)一般のクラスで受講しており、とくに補助はないが、教官が配慮してくれる
(エ)配慮されていない
(オ)配慮の必要がない
(カ)体育の授業を受けていない

(5)            実験・実習について、とくに配慮はされていますか?
(ア)補助員がつく
(イ)補助員はつかず、教官が配慮してくれる
(ウ)とくに配慮はない
(エ)配慮の必要がない
(オ)実験・実習の授業を受けていない

(6)            定期試験の取り扱いについて、とくに配慮されていますか? 当てはまるものをすべて選んでください。
(ア)試験問題の点訳・拡大
(イ)試験問題の変更
(ウ)試験問題のデータ化
(エ)試験時間の延長
(オ)別室受験
(カ)レポートによる代替
(キ)口頭試問への代替
(ク)点字での解答
(ケ)パソコンでの解答

 

 

問6.              情報伝達について

(1)            大学側からの、例えば休講等の情報は、どのようにして入手しますか? 当てはまるものをすべて選んでください。
(ア)事務室で尋ねる
(イ)事務室から、メールや電話で連絡がある
(ウ)視覚障害者用のメールボックスがあり、そこで知る
(エ)インターネットで情報を得る
(オ)友達に掲示板を見てもらう
(カ)自分で見ることができる

(2)            情報伝達の手段として、今後どのような改善が必要だと思いますか?(複数回答可)
(ア)視覚障害者用メールボックスの設置
(イ)掲示板情報のインターネットでの公開
(ウ)電話・電子メールによる連絡
(エ)その他[具体的に ]
(オ)改善の必要はない

 

 

問7.              図書館の利用について

(1)            あなたが受けている図書館サービスには、どのようなものがありますか? 当てはまるものをすべて選んでください。
(ア)点字本の購入
(イ)対面朗読
(ウ)その他[具体的に ]

(2)            あなたは大学図書館のサービスに満足していますか?
(ア)満足している
(イ)不満がある[具体的に ]
(ウ)図書館を利用しないので分からない

(3)            大学の図書館サービスで、今後改善して欲しいと思う点をお書きください。


 

 

問8.              大学のシステムなどについて

(1)            あなたの意見や希望を大学側に伝えることのできる窓口はありますか?
(ア)ある[具体的に ]
(イ)ない
(ウ)分からない


(2)            あなたの要望は反映されていますか?
(ア)反映されている
(イ)あまり反映されていないが、大学側の誠意は感じる
(ウ)反映されそうに思えない
(エ)分からない

(3)            あなたから見て、大学は視覚障害者の要望を聞いたり、設備を改善したりすることに積極的ですか?
(ア)非常に積極的だと思う
(イ)どちらかと言うと積極的だと思う
(ウ)どちらかと言うと消極的だと思う
(エ)非常に消極的だと思う
(オ)どちらとも言えない

(4)            大学のシステムについて、今後改善して欲しいと思う点をお書きください。

 

 

問9.              大学生活を送る上で困っていること、大学に改善して欲しいことなどがあれば、具体的にお書きください。

 

 

トップページへ


このWebページに関するご質問は、 webmaster@sl.soc.or.jpまでメールをお送りください。