トップページへ


団体紹介

 

 関西SLの組織、および主な行事についての説明です。より詳しい説明(関西SLの歴史など)は、こちらをご覧ください。

 

1.組織概要

会長 三嶋 洋志
発足 1972年4月16日
事務局所在地 京都ライトハウス
役員 会長・事務局・交流局・編集局・会計
定期総会 年一回(3〜4月)
財源 会費及び寄付

 

2.目的

(1) 学内環境改善(アンケートの実施や要望など)
(2) 点訳サークルネットワーク化
(3) 視覚障害者と晴眼者との多面的相互理解の推進

 

3.主な行事
 関西SLでは、上記の目的を達成するため、主に以下のような行事を実施しています。

◆視覚障害新入生歓迎会
 毎年4月頃開催。何かと不安の多い時期、視覚障害学生の先輩から直接話を聞ける場を設けている。交流会。

◆新歓ハイク
 毎年5月に実施。視覚障害新入生はもとより、点訳サークルに入った人たちをも含めた、かなり大規模なイベント。

◆点訳サークル情報交換会
 毎年6月頃に実施。各点訳サークルの活動を報告しアウトともに、活動していく上で直面している問題があれば、その解決策を見出すための話し合いを逐次行う。

◆高校生セミナー
 大学進学を考える高校生に向け、視覚障害学生が講演を行い、相談に応じる企画。夏休みの時期に実施している。視覚障害の高校生はもとより、視覚障害者の通う高校や盲学校の教員、保護者などの参加も多い。

◆OB会
 関西SLのOB・OGを招いての講演会。毎年10月に実施。

◆学習会
 12月頃と2月頃に実施。各年度語とのテーマにより内容は変わる。室内での学習会をやめ、施設見学を実施することもある。

◆合宿
 2泊3日(時々1泊2日)で学習会・レクリエーション・観光などを行う。合宿に際しては合宿委員会が組織され、役員とは別に行事の運営に当たる。近年の合宿先は次の通り。神戸(2004年夏)/白浜(2004年春)/奈良・飛鳥(2003年夏)/有馬温泉(2003年春)/下呂温泉(2002年夏)/坂出(2002年春)/播州赤穂(2001年夏)/白浜(2001年春)/金沢(2000年夏)/伊勢志摩(2000年春)。

 

4.キーワード
 学内環境/視覚障害学生/障害学生支援/点字受験/点字教科書/講義保障・情報保障/点訳サークル/バリアフリー

トップページへ


お問い合わせはこちらまで。